11/22/2015

2016年1月9日(土) 無双 TOKYO EDITION - LIVE @ Absolute Blue

新年早々、日本にお邪魔してこの凄いメンバーとライヴやります!
お見逃しなく!


凄いメンバーを集めることに成功してしまいました。わははは。

市野元彦さんと古谷淳さんはBerklee音大の同期で、現在御自身のプロジェクトを中心に日本で大活躍中。お二人とも独特の音世界を繰り広げ注目を集める、僕の大好きなミュージシャンで、過去に帰国ライヴを行った際にも御一緒して頂いています。
井上陽介さんは申し上げるまでもなく文字通り日本を代表する名ベーシスト、彼がNY御在住の頃ちょくちょくお世話になりました。

余りにも共演が待ち遠しすぎるこのカルテットで、オリジナルとスタンダードを織り交ぜたっぷり2時間、極上の音楽、お届けします!めったに見られないこの組み合わせの妙が生む一晩限りのステージ、絶対にお見逃しなきよう今から御予約下さい!

そして気になる「ハコ」は、先般惜しまれつつ幕を下ろしたSOMETHIN' Jazz Club NYでさんざんお世話になった星川あゆみさんが、帰国後池袋に立ち上げたライヴハウス、Absoute Blue。母校立教大学時代に夜な夜な遊び歩いた(笑)西池袋に新たなシーンを築きつつあるこのヴェニュー、初出演が今から楽しみです!

皆様にお会い出来るのを、心からお待ちしています!来てね~

★御予約はこちらから!

6/17/2015

自己開示

僕は数年前からフル・タイムの音楽家ではなくなり「もう一つの仕事」のためにニューヨークから少し離れたところに移った。それは別に隠していることでも何でもなく、僕と直接関わりを持っている人なら皆知っている。それは家庭を持つ人間として人生設計の過程で決めたことで、恥ずかしいことでもない。しかしミュージシャンとして振舞うときに「敢えて言う」ことはしてこなかった。

アメリカで一人の人間が異なる職種の仕事を二つ、三つ抱えていることは珍しくない。格差が激しく失業率の高いこの社会に於いて、それは収入の安定を図るためであると同時に、一つの仕事がコケたときの保険でもあり、また人の生涯がたった一つの仕事によって規定・評価されるものではないという文化社会的な流動性、柔軟性が確保されていることの証左でもある。

ミュージシャンとて例外ではなく、素晴らしい音楽を生み出しながら会計士をやったり教師をやったり弁護士をやったりその他の商売をやったりと自由である。ここでは「音楽家(musician)」とは「音楽を作る人(one who creates music)」全てを指し、その活動が家計にどれほど貢献しているかの度合いにはあらゆるグラデーションが考えられ、決して「プロ」と「アマチュア」の二極ではない。そして生み出す音楽の質と「食えているかどうか」には(残念ながら)殆ど相関性がない。

日本人の方々は何故か一つの仕事で食っていくことにこだわり、他人にもそれを求めるので、自然ミュージシャンについても「それだけで食っている『プロ』」と「趣味でやっている人」の二種類しか思い付かないようである。今でも思い出すのはかつて流行ったMySpaceのミュージシャン用ページのプロフィール欄で、英語のオリジナルでは 「Signed」「Indie」という選択肢だったのが日本語訳では「プロ」「アマチュア」に置き換えられていて「すげえな、メジャー契約していないミュージシャンはみーんなアマチュアか」と日本人が持つ音楽業界観の厳しさに苦笑したものだ。

そんなわけで特に日本人と接する場合、僕のような「兼業」ミュージシャンは居心地が悪い。音楽家ですと言えば「すごいですね、音楽で生活していけるなんて!」という反応が往々にしてあり、他にも仕事を持っていると判ると何だか騙されたというようにガッカリなさる方も稀にいる。僕自身は以前に比べてペースこそ落ちたが変わらず「プロの仕事」をして対価を頂戴しているし、一緒に音楽を作っている仲間の多くはフル・タイムの音楽家として頑張っている。僕が音楽だけを生活の糧にしていないからといって「じゃあ趣味でやっていらっしゃるんですねー」などと言うことは、僕の音楽性と技術、そして事前の準備などを含めたプロフェッショナリズムを信頼して雇ってくれる彼らに失礼な話だと思うが、まあ音楽を生業としない人々には中々そこまで考えは回らないのかも知れない。

そんな日本人特有の「仕事観」に基いて活動を評価されたり、専業でないことに無用な罪悪感を背負わされるのがちょっと辛いなと感じることがあり、ここに敢えて兼業であることを開示してみようかと思った次第。ミュージシャンといっても色々な生活スタイルがあるのだということがもっと理解されればと思う。ペースがゆっくりになったとはいえ、ニューヨークを中心とする音楽シーンを現在進行形で創り上げている素晴らしいミュージシャンたちの多様なプロジェクトに今も関わることが出来るのは有難く嬉しいことだ。今後も自らの最善を以って彼らの美しいヴィジョンを表現するために尽くしていきたい。

7/19/2014

8月1日(金)、無双 TOKYO EDITION!!

ONE NIGHT ONLY!!

♪日本の皆様へ

所用あって7月末~8月頭に超短期ですが一時帰国するのに伴い、8月1日(金)に一晩限りのライヴを東京都内で行います!急な話だったにも関わらず、ジャズのみならず矢沢永吉や森山良子のツアーなど幅広く活躍する日本を代表する名ギタリストの三好“3吉”功郎さん、バークリー時代の同期で現在日本ジャズ界で大活躍中のピアニスト古谷淳さんとベーシスト嶌田憲二さんが快く共演を引き受けて下さいました。「無双 TOKYO EDITION」と題し、オリジナルとスタンダードを織り交ぜてお送りする予定です!

8月1日(金)
7:00pm 開場
8:00pm 開演

¥2,500 + 1 drink

Jazz Spot THELONIOUS
東京都中野区東中野4-3-1
もみじゃビルB1F
03-3365-0572
http://www6.ocn.ne.jp/~monk/

【無双 TOKYO EDITION】
三好“3吉”功郎(guitar)
古谷淳(piano)
嶌田憲二(bass)
ウチダユタカ(drums)

帰国するのは2010年に結婚式を挙げて以来、およそ4年ぶり。久々に日本で演奏出来ることを心待ちにするとともに、この機会に皆様にお会い出来ることを心より願っております。是非ぜひお越し下さい!


ウチダユタカ

2/26/2014

『Tuesdays / 人生は火曜日』出演 - 後編が公開されました

清武友佳理さん司会のインターネット・ラジオ、「Tuesdays / 人生は火曜日」のインタビュー後編が公開されました!
自分なりの音楽観、人生観を喋らせて頂きました。下の写真をクリックしてどうぞ!
まだの方は、前編も是非よろしくお願いします。

http://www.tuesdaysradio.com/#!uchida-yutaka2/cy5t

2/01/2014

インターネット・ラジオ「Tuesdays / 人生は火曜日」に出演しました

清武友佳理さん司会のインターネット・ラジオ、「Tuesdays / 人生は火曜日」にゲスト出演しました!
普段余り話さないようなことを色々と喋っております。前編が公開されましたので是非お聴き下さい!
下の写真をクリック!



10/08/2013

MUSOH @SOMETHIN' Jazz Club, 11/09/2013

 
 
Dear music lovers,

Once again, my beautiful sonic children, my labor of love for music have been neglected for months... but I'm glad to announce that some of them get to be played live soon!

Please do come join us on November 9th as I proudly present this special set with these amazing musicians!...

*SOMETHIN' Jazz Club is a family friendly venue - feel free to bring your children!

Saturday, November 9th
5:00-7:00pm

MUSOH featuring:
Jostein Gulbrandsen (g)
George Dulin (key)
Trifon Dimitrov (b)
Yutaka Uchida - Composer/Drummer (comp/ds)

$10 Cover
*Kids under 13 - $5
*Kids under 2 - FREE

SOMETHIN' Jazz Club
212 E 52nd Street, 3rd Floor
New York, NY 10022
(212) 371-7657
http://www.somethinjazz.com/ny/

Visit Yutaka/MUSOH's website:
http://yutakauchida.com/